美術館概要

地図

文化センター全体図



(回廊)


(外観)


(展示室)


(文化センター玄関)
〒689-5212 鳥取県日野郡日南町霞785
TEL 0859-77-1113  FAX 0859-77-1115


 カレンダー

 休館日  毎週 月曜日祝日、展示替え期間

☆休館日は展覧会により異なりますのでカレンダーでご確認ください。

月曜日が祝日の時は翌火曜日も休館。

ただし、企画展によって祝日を開館することもあります

年末年始(12月29日~1月3日)


入 館 料一般200円、高校生100円 
中学生以下は無料 (団体割引は20名以上)
ただし、企画展によっては、別料金となる場合もありますので、事前にお問い合わせください。

開館時間:午前8時30分~午後5時 
      (ただし入館は午後4時30分まで)


 ブログ

展覧会情報や美術館の
学芸員の日々の出来事を
綴ったブログ



日南町総合文化センター


絵画教室
平成26年度 開催日


平成26年度は終了しました。
絵画教室
Check
クレパスで描いた

名画の模写作品紹介コーナー

チラシ
来年度開催のご案内については、美術館までお問い合わせください。



絵画教室
小学生を対象に、春・夏・冬休みを利用して、美術館では、絵を描いたり工作などの体験が出来る様々な教室を開催します。
H26冬休みのこどもあそ美クラブ
募集中学生のみなさん!あそ美クラブで小学生のサポートをしてくれる方を募集しています。一緒に工作をしたり小学生たちをやさしく見守りながらサポートしてくれる方、大歓迎です。美術館にご連絡ください。
年間スケジュール表






日南町ゆかりの文学者たち Part1
-松本清張-
11月14日(金)~12月14日(日)

午前8時30分から午後5時まで
※毎週月曜日と11月23日【日】休館 

入場無料





【内容】

日南町は、作家 松本清張の父 峯太郎の生誕の地です。

清張は4回、日南町を訪れています。

その4回目の訪問は、1984年(昭和59)、峯太郎の生家近くに建立された清張直筆の文学碑の除幕式でした。

今年は、清張が最後に日南町を訪れ、文学碑が建立されてから30年目を迎えました。

この機会にあわせ、日南町美術館では、松本清張の生い立ちや業績を紹介し

町が所有する清張に関する貴重な資料を公開する企画展を開催いたします。

清張が自作の句を書にした「日南の山ふところは記紀の國」とかかれた軸

文学碑のもととなった書の原本や、直筆の原稿や書簡

芥川賞受賞作『或る「小倉日記」伝』が掲載された、1953年(昭和28)当時の雑誌「文藝春秋」

清張が作品を発表した「群像」「文學界」などの文芸雑誌

そして初版本を含めた書籍まで、約200点の資料を一堂に展示しす。



また、11月13日、町内に「松本清張資料室」も開設されました。

美術館と資料室などを巡るスタンプラリーも開催します。

この機会に、文豪とゆかりのある日南町へ、是非お越しください。



◎スタンプラリー
(期間/開催中~平成27年3月31日)

◆松本清張資料室(矢戸・日野上地域振興センター)
◆松本清張文学碑(矢戸・松本清張記念公園内)  
◆松本文学展示室(日南町総合文化センター)    
◆日南町図書館※松本清張の本を借りる       
◆日南町美術館「日南町ゆかりの文学者たち Part1 ―松本清張―」

以上の会場でスタンプを4つ以上集めていただいた方に、日南町オリジナルキャラクターグッズをプレゼントします。


児童画展

日野郡児童画コンクール作品展/第73回全国教育美術展(選抜)



12月26日(金)~2月8日(日)


午前8時30分から午後5時まで

※毎週月曜日と年末年始12月29日~1月3日、1月12,13日は休館 

入館料 一般200円、高校生100円、中学生以下は無料



日野郡内の小学生の児童画コンクールで選ばれた佐武賞、特選、準特選の作品約80点を展示。

同時に、1922年(大正11)にスタートした、日本で最も伝統のあるの子どもの絵のコンクール「全国教育美術展」で

特選を受賞した鳥取・島根・岡山・広島の幼保育園児、小中学生の作品126点を展示。




出品リスト

日野郡児童画展   第73回全国教育美術展



同時開催

「佐武コレクション」

「足羽俊夫作品展」

年間カレンダー