お問合せ

 ブログ

展覧会情報や美術館の
学芸員の日々の出来事を
綴ったブログ








(文化センター玄関)
日南町総合文化センター
文化センター全体図
地図



周辺マップ
(拡大)

〒689-5212 鳥取県日野郡日南町霞785
TEL 0859-77-1113  FAX 0859-77-1115


平成29年度展覧会スケジュール
リーフレット

  
 カレンダー

休館日・展示替え休館などの開館情報について



 休館日  

毎週 月曜日祝日、展示替え期間
月曜日が祝日の時は翌火曜日も休館。
ただし、企画展によって祝日を開館することもあります
年末年始(12月29日~1月3日)

 入 館 料
一般200円、高校生100円、中学生以下は無料
(一般150円、高校生70円)
( )は、団体20名様以上、障がい者手帳のご提示でご本人とその付添い一名様の割引料金

ただし、
企画展によっては、入場料が変更となる場合もありますので、
展覧会ごとの情報掲載欄で料金をご確認いただくか、事前にお問い合わせください。

 開館時間
午前8時30分~午後5時 
     (ただし入館は午後4時30分まで)



        

絵画教室

平成29年度の開催予定表をアップしました!


絵画教室

参加者募集中

4月のマスターコースの様子


絵画教室

小学生を対象に、絵を描いたり、工作やもの作りを
楽しく体験する日南町社会教育室が主催する事業
(旧 あそ美クラブ)


↑最新の募集チラシは画像をクリックしてください
H29春休みの活動はブログで紹介しています
①ウサギのかわいいメモスタンドづくり
②羊毛フェルトのかわいいマスコットづくり
あそ美クラブで小学生のサポートをしてくれる
中高生の方を募集しています。

平成29年度

平成29年 4月1日(土)~6月11日(日)


「鳥取県の化石展」

 
休館日/毎週月曜日、4月29日、5月3日~5日
 時 間/午前8時30分から午後5時まで
 入館料/一般200円、高校生100円、中学生以下は無料



日南町多里地域は、昔から多くの化石が産出することで知られています。
1926(大正15)年に北村詮次郎氏による多里層の本格的な研究が始まり、
その後、地元の多里中学校科学クラブの調査により、多くの化石が採集
されました。そして、多里層は、今から1600~1400万年前(新生代第三
紀中新世)に海岸近くに堆積した層であることがわかりました。               
これまでに多里層で発見された化石は、貝類78種、ウニ類5種、カニ類4種
ほか、ウミシダ、ヒトデ、サメの歯、さらに植物化石を含めると100種類以上。

このように、日南町は化石の宝庫です。

本展覧会では、鳥取県立博物館が所蔵する、県内の主な化石産出地である、
鳥取市国府町、佐治町、八頭郡若桜町の魚類や植物化石などとともに、
日南町の化石群を一堂にご紹介します。


小学生のみなさんには、ワークシート「化石のおはなし」をプレゼントしています。
会場ではワークシートのぬり絵も楽しめます!

(ワークシートのPDFはこちら)

★期間中のイベント★

 「化石のレプリカづくり」

  アンモナイトや三葉虫、恐竜の歯の化石などのレプリカづくりを体験
(お子様向け。未就学のお子様は保護者同伴でお願いします。)

  開催日              
  4月 2日、8日、23日、30日
  5月 6日、21日、27日    
  6月 4日、10日        

  上記開催日の時間は、土曜/10:30-11:30 日曜/14:00-15:00

  参加費 1回/100円 




同時開催
 佐武林蔵コレクション

大正14年に世界で初めて画材「クレパス」を開発した、日南町出身の
佐武林蔵((株)サクラクレパス創始者)が所蔵した近代芸術家たちの
絵画コレクションをご紹介します。  
                    




同時開催
足羽俊夫作品展


日南町出身で、50年以上にわたりフランス・パリ市を拠点に、世界
各地で芸術活動を続け、2012年にフランス芸術文化勲章を受章した
足羽俊夫の油彩画や版画(リトグラフ)を展示します。      






拡大は画像をクリック


 
平成29年 6月23日(金)~7月9日(日)

「第5回 にちなん文化展」



日南町文化協会会員の作品を中心に、日南町の文化活動に関わる人々の作品や
その活動内容を展示で紹介.絵手紙や手芸、写真、書道、短歌や俳句、木工作品
などを展示します。                                       


同時開催 
「日南町が歩んだ60年 ~町史編さん事業より~」」

平成31年度の発行に向け、現在取り組んでいる日南町史編纂事業のなかから、
郷土の貴重な資料や情報を展示でご紹介します。                   


休館日/毎週月曜日
 時 間/午前8時30分から午後5時まで
 入館料/無 料









 
平成29年 7月21日(金)~9月17日(日)

「現代アーティストのクレパス画展」

日南町は、大正14年に世界で初めて『クレパス』という新しい画材を開発した、現在の(株)サクラクレパスの
創始者、佐武林蔵氏(1886-1968)の出身地です。当館では、洋画家、日本画家、彫刻家として現在活躍中
のアーティストたちが描いた、クレパスを使った創造的で、クレパスの新しい魅力を感じることができる作品
を集めて展覧会を開催します。


休館日/毎週月曜日
 時 間/午前8時30分から午後5時まで
 入館料/一般500円、高校生300円、中学生以下は無料



★期間中のイベント★

 お子様向け「クレパスを使ったワークショップ」

クレパスの技法やクレパスを使った作品制作を体験

 開催日未定
                   



大人のためのクレパス画教室開催


拡大は画像をクリック
平成29年度年間カレンダーへ